キャンペーン終了まであと...

割引対象者さま
あと1名!

2019年 12月 08日 HairMaxJapan

★★★★★

睡眠不足は薄毛の元?!

皆さん、ちゃんと睡眠を十分にとってますか?
大人になるにつれて寝る時間が遅くなったり、睡眠時間が短くなる人も多いと思いますが、抜け毛の不安などを考えると、ストレスを減らすために安定した睡眠を取りたいですよね。
睡眠中は髪の毛を育てるための大事な時間でもあり、睡眠不足になると髪が育つための栄養も不足して薄毛になりやすくなります。
今回は、睡眠と
育毛の関係や、薄毛を防ぐための睡眠方法などを見ていきましょう。
睡眠と育毛の関係が理解して、薄毛の悩みも改善しましょう。

睡眠不足は薄毛になる?


髪の毛は目が覚めてから寝るまでの活動時間でさまざまなダメージを受けます。
例えば、日光の紫外線、髪の毛を手でさわったときに自分の爪で髪を傷つけるといった、日常では防ぎようのないダメージも負います。それに加え、睡眠不足になってしまうと、血流の悪化やストレスの増加につながり、ハゲや薄毛を助長させてしまうおそれがあるようです。睡眠不足が続くと、成長ホルモンが分泌されにくくなり、髪の毛の健康が悪くなるようです。つまり、髪の毛のダメージの修復が十分にできない状態になるようです。さらに、寝不足は、成長ホルモンの分泌を妨げるだけでなく、頭皮の皮脂の分泌量が増えてしまうようです。頭皮の不健康は、ハゲや薄毛、AGA(男性型脱毛症)の原因にもなるので注意が必要です。

睡眠中は髪が育つ時間

現代はストレス社会といわれ、3人1人が不眠の症状があると言われています。
ストレスがあると体が緊張状態になり血管が収縮するため、頭皮への血流が悪くなり、血液の巡りが悪くなると頭皮の栄養不足を引き起こし、髪が細く弱く抜けやすくなってしまいます。
ストレスから不眠になると成長ホルモンの分泌が悪くなります。
この成長ホルモンは育毛と大きな関係があります。
正常な眠りは、深い眠りのノンレム睡眠と浅い眠りのレム睡眠が交互に繰り返されます。
眠りについてすぐノンレム睡眠に入り、その後レム睡眠が訪れてきます。
成長ホルモンは深い眠りのときに分泌されるホルモンで、寝入ってから3時間くらいの間に熟睡することが大切です。
熟睡することで成長ホルモンの分泌が促進されていきます。このように、熟睡できることが質の良い睡眠です。夜、なかなか寝付けない不眠の状態になると成長ホルモンの分泌が悪くなります。

成長ホルモンには、筋肉の強化や骨の成長など、体の組織の成長を促す働きがあります。
昔から、よく寝る子は育つと言われますが、これは質の良い睡眠をとると成長ホルモンが盛んに分泌されることを暗示している言葉です。
夜は11時までにベッドに入り、熟睡することでストレスを軽減して疲労も回復し、育毛効果も高まることになります。

睡眠は何時間とるのが理想?


寝れば寝る程、発毛が期待出来るというわけではありませんが、睡眠不足によるストレスの影響が出ないように睡眠時間は最低6時間以上、忙しい人にとっては厳しいかもしれませんが8時間くらい睡眠がとれれば良いと言われています。
もちろん、先程述べたように、眠りの深さ=質の良い睡眠も重要なポイントです。
運動して疲れた身体と、運動せず食べてすぐに眠るような生活とでは、眠りの深さも違い、長時間眠っても逆に疲れてしまう可能性もあるので、睡眠の長さと質を意識すると良いでしょう

睡眠不足、質の高い睡眠のための対策

1.
深部体温を上げる

就寝前に「深部体温を上げる」ことをおススメします。
深部体温はその名の通り、体の中心部の体温を指します。
人間の体は深部体温が高い時に入眠すると、睡眠の持続時間が長くなるといわれています。
またノンレム睡眠は「深部体温が下がる時」に開始されるため、就寝前に深部体温を上げることで自然な体温の低下とともに深い眠りに入れるでしょう。
深部体温を上げる方法としては、就寝の少し前に38〜40度のぬるめのお湯で入浴することがおすすめです。

2.寝る前のタバコやコーヒーをやめる

タバコに含まれるニコチンには脳を覚醒させる効果があり、寝つきが悪くなったり睡眠中に目覚めやすくなるといわれています。コーヒーに含まれるカフェインも同様なので、どちらも就寝の2〜3時間前からは控えた方がよいでしょう。

3.食事は寝る前の3時間前に済ませる


成長ホルモンが最も分泌されるのは、時間帯ではなく、入眠後3時間の間です。
その間に成長ホルモンを分泌させるには、血糖値を低く抑えるのが有効です。
胃腸が消化のために動いている時は、体が熟睡しづらい状態に置かれています。
そのため寝つきはよくても質のよい睡眠とはならない場合があります。
さらに睡眠中は血圧が下がるので、血流が抑制されることで胃腸の働きが悪くなり、消化不良を引き起こす原因になる恐れもあります。
これらの悪影響を防ぐ対策として、食後から就寝までは3時間ほど時間を空けると、
より成長ホルモンが分泌される睡眠をとることができるでしょう。

寝る直前に食事や間食をしないことですね。

最後に

睡眠不足と薄毛の関係については、いかがでしたでしょうか?
夜更かしをして育毛ゴールデンタイムに、質の高い睡眠をとっていきたいですね。
そして、効率的に薄毛対策をしていけるのが、

アメリカ製レキシントン社の、家庭用レーザー育毛器具「ヘアマックス」。
ヘアマックスは実際に、被験者を数百人集め、93%以上という成果を出したアイテム。
欧米ではもはや当たり前とされ、薄毛に悩む欧米人でヘアマックスを使ってない、知らないという方はいないといっても過言ではありません。
実際に、欧米の人達よりも黒髪のアジア人の方がハゲを気にしている、社会的に否定的であると思います。
ヘアマックスは、「650nmの赤外線レーザー育毛器具」。
650nmという数値であるからこそ、抜け毛を抑制することができ、抜け落ちた髪の毛を再び取り戻すことができるのです。
さらに、ヘアマックスはクシタイプや、90秒間被るだけで良いという手軽なタイプなど、種類が豊富。
レーザー育毛機を使って薄毛対策を検討されている方には、ヘアマックスがおススメです。

リグロウ MD レーザー 272をかぶると、レーザー光線が頭皮に働きかけ、毛包を刺激して活性化し、髪の成長を促します。柔軟で軽量な素材を使用したライナーに、272個のレーザーダイオードを等間隔に配置した、バイオライト コンフォート デザインが特徴です。ライナーは、ベースボールキャップタイプの帽子の内側に取り付けられています。お好きなベースボールキャップや帽子にも取り付け可能です。

 

リグロウ MD レーザー 272
健康な髪の第一歩がここから始まります
治療効果のある光エネルギーが毛包に働きかけ、髪の成長を促進
直線状に並んだ隙間がレーザー光線をすみずみまで届ける、バイオライト コンフォート デザイン
272個のレーザーダイオードで頭皮全体にレーザーを照射

 

198,800円

 

商品名

レーザー数

使用時間

レーザーバンド82

272

15

バッテリー内臓

本体の重量

価格

有り

320g

198,800円

レザーバンド82は、ヘアマックスの一番選ばれているメイン商品です。その理由は、
・頭にかぶせておくだけで良い 
・90秒で作業を終えることが出来る 
・ムラなくレーザーを当てることが出来る 

などの利点があるからです。
レザーバンド82だと、90秒の使用で終えることが出来るのに対して、他のクシタイプのヘアマックスは8~15分の時間が掛かります。 使用方法は頭皮の手前30秒、頭頂部30秒、後頭部30秒。 また、30秒ごとにビープ音またはバイブが知らせてくれるので、自分で数える必要はありません。 

 

108,900円

 

商品名

レーザー数

使用時間

レーザーバンド82

82

90

バッテリー内臓

本体の重量

価格

有り

428g

108,900円

レザーバンド41は、ヘアマックスの一番選ばれているメイン商品です。その理由は、
・頭にかぶせておくだけで良い 
・3分で作業を終えることが出来る 
・柔軟性、装着が快適なデザイン
・ムラなくレーザーを当てることが出来る 

などの利点があるからです。
レザーバンド41だと、3分の使用で終えることが出来るのに対して、他のクシタイプのヘアマックスは8~15分の時間が掛かります。 使用方法は生え際から後頭部まで30秒ずつ6回スライドさせます。また、30秒ごとにビープ音またはバイブが知らせてくれるので、自分で数える必要はありません。

 

88,800円

 

商品名

レーザー数

使用時間

レーザーバンド41

41

3

バッテリー内臓

本体の重量

価格

有り

243(g)

88,800円

ウルティマ12は、プロフェッショナル12をリニューアル化したもので、プロフェッショナル12よりも少し、軽くなっています。

 

58,800円

 

商品名

レーザー数

使用時間

ウルティマ12

12

8

バッテリー内臓

本体の重量

価格

有り

170g

58,800円

レーザー数が9個で、使用時間が11分です。ヘアマックスの新モデルの中で、一番お手頃価格の商品です。

 

43,800円

 

商品名

レーザー数

使用時間

ウルティマ9クラシック

9

11

バッテリー内臓

本体の重量

価格

有り

170g

43,800円

Back to Top