2019年 10月 24日 HairMaxJapan

★★★★★

薄毛治療の歴史

薄毛治療の歴史

髪が抜け落ち薄くなるというのは、個人にとって深刻な問題であり、現在、育毛市場は3000億円にも達すると言われています。
さて、この薄毛の問題は、いつから始まったのでしょうか?
現在だけでなく、古代から薄毛を食い止めるためのさまざまな方法が考案されてきたようです。
今回は、そんな古今東西、世界各地に伝わる
薄毛治療法を見ていきたいと思います。

薄毛治療の起源は、5000年前のエジプト?!古代の薄毛対策

エジプトのチャタ王の母は、息子が薄毛に悩んでいたことで、犬の掌やヤシの実、ロバの肉など、当時は薄毛に効果があるとされていたそれらの料理を、薄毛治療の一環として、一種の薬の様にして与えてたと言われています。いわゆる薬膳的なものでしょうか。
そして、人類
最古の毛生え薬を記録に残したのはエジプト人かもしれない内容があります。
「エーベルス・パピルスEbers Papyrus)」という世界最古の医学書があるのですが、こちらは紀元前1550年頃の古代エジプトで書かれたもので、ここにはすでに薄毛治療の方法が記されています。
その内容は、ライオンやカバ、ワニ、猫や蛇、ヤギの糞や脂肪にハチミツを混ぜ合わせ、頭皮に塗り込むというものでした。

古代エジプトと言われると、ピラミッドを真っ先に思い浮かべてしまいますよね。しかし、この時代には既に宇宙観、死生観などの様々な文化が栄えていたと言われています。そんな古代エジプトですが、この時代にも「育毛剤」が存在していたということになりますね。
実際に薄毛が解消したかどうかは分からないものの、そこまでして薄毛を改善したかったのが伺えます。
しかし、頭皮に皮脂が詰まると薄毛になるというイメージが強い現代人からすると、まさに驚きの育毛剤ですね。

古代ギリシャ時代、医学の父として今でも名前が語り継がれる「ヒポクラテス」は、自身の薄毛に対して、アヘン、セイヨウワサビ、鳩のフンとスパイスなどを混ぜ合わせた薬を患部に塗って治療を試みましたが、生え際の後退をとどめることはできなかったと伝えられています。ヒポクラテスは禿げあがった肖像画や彫刻が数多く残されており、自身も薄毛について悩んでいたのかもしれません。
哲学者のアリストテレスはヤギの尿を育毛剤として使用していたようです。しかし、アリストテレスは残された肖像画や彫刻を見る限り、ふさふさの髪の毛を有しているので、真偽のほどはわかりません。
ローマ帝国の皇帝ジュリアス・シーザー(ガイウス・ユリウス・カエサル)もハゲに悩んでいたと伝えられていて、

クレオパトラに勧められ熊の脂肪や馬の歯などを配合した治療法を試みたが失敗だったそうです。そのためか、戦勝で月桂冠をかぶる特権を与えられ、薄毛を隠していたそうです。前髪の薄さをごまかすためのシーザーカット(カエサルカット)はその時代の典型的な男性の髪型になりました。

近代の薄毛対策

現代でも使われている
カツラですが、「薄毛を隠す」という本来の使われ方が一般的になったのは、中世のヨーロッパが始まりだとされています。この頃はまだ宗教的な意味合いが強く、権威付けにも用いられている側面がありました。カツラの流行りはエジプトにとどまらず、ローマでも広く用いられ、中でもゲルマン人の毛で作られた金髪のカツラは人気を博したとされています。
しかし、このカツラの流行もキリスト教の台頭によって他人の髪を使うカツラが否定され、一旦廃れてしまいます。
12世紀初頭のイングランド王国のヘンリー1世は、司教から「髪を切る」ことを命じられ、ロングヘアのカツラを代わりに愛用したことがカツラブームの再燃を引き起こしたのです。
それから、貴族たちの間で国をまたぎながらファッションとしてのカツラがしばらくもてはやされました。


近世になると太陽王ルイ14世の父であるルイ13世がルネサンスで普及し始めたカツラを若ハゲ隠しとして20代から着用。フランス貴族の間でカツラをかぶるのが正装になりカツラブームの立役者になりました。ルイ王朝が倒れた後に登場したナポレオン・ボナパルトは英雄として祭られましたが、薄毛には勝てず、あの有名な二角帽子を手放さなかったといいます。

最後に

なかなか薄毛治療の歴史、面白いですね。
昔も今も、薄毛の悩みは同じだったことが分かります。
現在には、科学の力や技術が存在します。

そこで、薄毛対策をしたい方には、家庭用レーザー育毛機「ヘアマックス」がおススメです。
男性だけのものではありません。薄毛に悩む女性の方にも適しています。副作用のないレーザー育毛方法は非常におススメです!
あきらめずに、これからは自分に合ったケアで美しい髪を保ちましょう!
「レーザー育毛機」は初期費用だけでいいので、後は使用時の電気代のみです。
副作用もありませんし、何より自宅で出来る治療なのでサロンに通ったりする必要もありません。
ストレスを発散する方法を上手に見つけ、同時にヘアマックスで薄毛対策もしていきましょう。

リグロウ MD レーザー 272をかぶると、レーザー光線が頭皮に働きかけ、毛包を刺激して活性化し、髪の成長を促します。柔軟で軽量な素材を使用したライナーに、272個のレーザーダイオードを等間隔に配置した、バイオライト コンフォート デザインが特徴です。ライナーは、ベースボールキャップタイプの帽子の内側に取り付けられています。お好きなベースボールキャップや帽子にも取り付け可能です。

 

リグロウ MD レーザー 272
健康な髪の第一歩がここから始まります
治療効果のある光エネルギーが毛包に働きかけ、髪の成長を促進
直線状に並んだ隙間がレーザー光線をすみずみまで届ける、バイオライト コンフォート デザイン
272個のレーザーダイオードで頭皮全体にレーザーを照射

 

198,800円

 

商品名

レーザー数

使用時間

レーザーバンド82

272

15

バッテリー内臓

本体の重量

価格

有り

320g

198,800円

レザーバンド82は、ヘアマックスの一番選ばれているメイン商品です。その理由は、
・頭にかぶせておくだけで良い 
・90秒で作業を終えることが出来る 
・ムラなくレーザーを当てることが出来る 

などの利点があるからです。
レザーバンド82だと、90秒の使用で終えることが出来るのに対して、他のクシタイプのヘアマックスは8~15分の時間が掛かります。 使用方法は頭皮の手前30秒、頭頂部30秒、後頭部30秒。 また、30秒ごとにビープ音またはバイブが知らせてくれるので、自分で数える必要はありません。 

 

108,900円

 

商品名

レーザー数

使用時間

レーザーバンド82

82

90

バッテリー内臓

本体の重量

価格

有り

428g

108,900円

レザーバンド41は、ヘアマックスの一番選ばれているメイン商品です。その理由は、
・頭にかぶせておくだけで良い 
・3分で作業を終えることが出来る 
・柔軟性、装着が快適なデザイン
・ムラなくレーザーを当てることが出来る 

などの利点があるからです。
レザーバンド41だと、3分の使用で終えることが出来るのに対して、他のクシタイプのヘアマックスは8~15分の時間が掛かります。 使用方法は生え際から後頭部まで30秒ずつ6回スライドさせます。また、30秒ごとにビープ音またはバイブが知らせてくれるので、自分で数える必要はありません。

 

88,800円

 

商品名

レーザー数

使用時間

レーザーバンド41

41

3

バッテリー内臓

本体の重量

価格

有り

243(g)

88,800円

ウルティマ12は、プロフェッショナル12をリニューアル化したもので、プロフェッショナル12よりも少し、軽くなっています。

 

58,800円

 

商品名

レーザー数

使用時間

ウルティマ12

12

8

バッテリー内臓

本体の重量

価格

有り

170g

58,800円

レーザー数が9個で、使用時間が11分です。ヘアマックスの新モデルの中で、一番お手頃価格の商品です。

 

43,800円

 

商品名

レーザー数

使用時間

ウルティマ9クラシック

9

11

バッテリー内臓

本体の重量

価格

有り

170g

43,800円

Back to Top