2017年 02月 07日 HairmaxJapan

★★★★

AGA治療薬に関して解説

 

~AGA治療薬とは~

あなたはAGA治療薬をご存知でしょうか?

AGAとは、男性型脱毛症のことで、男性のほとんどがこのAGAの影響で薄毛

そしてAGA治療薬とは、AGAの進行を抑えたり、抜け落ちた毛を再び生やす作用がある薬のことを言います。

代表的なもので

 

・プロペシア

・ミノキシジル

 

の2つがあります。

 

~プロペシアの効果~

 

プロペシアは、AGAの進行を抑えることで有名です。

プロペシアに含まれているフィナステリドは元々、前立腺肥大症の治療薬として使用されていたのですが、偶然にも抜け毛を抑える効果があることが発見され、抜け毛予防の薬としても使用されるようになりました。

プロペシアの効果は、基本的に「抜け毛を抑制すること」です。

 

AGAの原因である5αリダクターゼという酵素を阻害することによって、抜け毛を減らす効果があると言われています。

副作用は主に、EDという勃起不全の症状が有名です。

薬が効きすぎてしまう体質の方は、飲んでからすぐにEDになってしまう方もいらっしゃるので、使用には注意してください。

 

ちなみに、プロペシアは女性の方には全く効果がありません。

効果がないどころか、お腹の中の赤ちゃんの性器に支障をきたしたり、ホルモンバランスを崩してしまう可能性があるので、女性の方は絶対に服用しないようにしましょう。

体質によっては、触れることすら危ないということもあるので、十分に注意してください。

 

 

ミノキシジルの効果

ミノキシジルは、抜け落ちた髪の毛をもう一度生やす作用をすることで有名です。

ミノキシジルは本来、高血圧の方が飲む薬なのですが、プロペシアと同じように、髪にも影響することが後から判明し、薄毛治療薬として使用されるようになりました。

ミノキシジルはプロペシアのように抜け毛を減らすというよりかは、抜け落ちた髪の毛を再び生やす効果があると言えます。

 

ただし、毛根がまだ生きている場合に限ります。

毛穴をじっくりみたときに産毛のように小さくて細い髪の毛がまだ生えていれば、まだ毛根は死んでいない可能性がありますが、産毛すら生えていなければ、毛根が死んでいる可能性が高くなります。

毛根が死んでいると、その部分からは永遠に毛が生えてくることはありません。

特に、AGAの影響を受けやすい前頭部は、髪が抜け落ちる際、毛根ごと死んでしまうことがおおいです。

なので、毛根ごと死んでしまう前に、早めに対処することをお勧めします。

ミノキシジルもプロペシア同様、副作用があります。

 

ミノキシジルの副作用としては

・全体的に毛が濃くなる

・だるくなる、むくむ

・心臓がバクバクする

などが有名です。

 

また、体毛が濃くなるなどの副作用から、女性の方は服用の際注意してください。。

最近だと女性用のミノキシジルが開発されているみたいなので、女性の方はそちらを服用することをお勧めします。

女性の方だけでなく、高血圧であったり、低血圧の方は、ミノキシジルの効果により血圧に何かしらの影響を及ぼす可能性があるので、しっかりと医師や薬剤師に相談してから服用するようにしましょう。

他にも

・高齢者(65歳以上)

・心臓、腎臓が悪い方

・薬によるアレルギーを持っている方

・甲状腺機能障害を持っている方

 

これらに当てはまる方は、ミノキシジルによって身体になにかしらの悪影響を及ぼす可能性があるので、十分に気を付けましょう。

また、ミノキシジルには頭皮に塗るタイプも開発されています。

こちらは、飲むタイプとは違って副作用がほとんどありませんが、それと同時に、飲むタイプと比べると、薄毛改善効果も薄くなります。

何故なら、直接体内に取り込むのと、外部に塗るのとでは、吸収率が全く異なるからです。

例えば、外に塗るだけで成分が吸収されてしまうなら、雨にあたっただけで身体はぼこぼこになってしまいます。

よって、塗るタイプよりかは飲むタイプの方が効果があるということになります。

 

~ザガーロ~

また最近では新たにAGAに効くとされるザガーロという薬が開発されました。

ザガーロはプロペシアとは違い、5αリダクターゼ1型だけでなく2型をも阻害するとし、プロペシアよりも効果があるなどと言われています。

しかし、本当にプロペシアより効果があるかどうか?というデータはまだ揃っておらず、あくまでも推測です。

それに、プロペシアより効果がある薬となると、副作用もプロペシア以上に生じるのではないか?と、予測出来ます。

試してみようと思う方も、副作用には十分に注意してください。

 

初めてAGA治療薬を飲む方におすすめの服用方法

AGA治療薬を飲みたいけど副作用が心配な方は、初めはピルカッターなどで切って、徐々に服用する量を調整していくと良いかもしれません。

例えば先ずは、1/2にカットして飲み、副作用が生じなければそのまま1/2のサイズの薬を飲み続けるか?丸々普通のサイズを飲み、それで副作用が生じてしまったのならまた戻すなどにしましょう。

1/2にカットしても副作用が生じるのなら、1/4までカットして飲むのもありですね。

ただ、薬は少なからず副作用が生じてしまうものなので、多少は我慢するしかないこともあります。

 

ヘアマックスと併用するとより効果的

また、AGA治療薬とヘアマックスを併用すると、より効果的に抜け毛を減らしたり、発毛を促すことが可能です。

副作用や定期的にお金がかかることを問題としない方は、薬を服用しつつ、ヘアマックスを使用することをお勧めします。

逆に、副作用が心配な上に、継続的にお金を払うのが厳しい方は、ヘアマックス1つでも十分でしょう。

もしくは、薬の代わりにサプリメントを使用するのも良いですね。

薄毛改善には、ノコギリヤシや亜鉛、アスタリールなどのサプリメントが効果的とされています。

 

特に女性の方は、AGA治療薬で薄毛を改善することが困難なので、被るだけで薄毛治療することができるヘアマックスは大変お勧めです。

Back to Top