キャンペーン終了まであと...

割引対象者さま
あと1名!

2019年 09月 15日 HairMaxJapan

★★★★★

低出力レーザー(LLLT)を復習しよう!

科学的に効果が認められた育毛法として、低出力レーザー療法があることをご存知の方も多いと思います。
日本でも、日本皮膚科学会が2017年12月20日に策定した「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」において、低出力レーザー照射が推奨度B(行うように勧められる)と、ようやく発毛効果を認められました。
もともと、低出力レーザーはアメリカ食品医薬品局が認可を出した手法で、頭部の血流を上げる作用があります。

なぜ、低出力レーザーによって発毛が促されるの?

1968年、ハンガリーのメスター教授は、剃毛したラットにごく弱いレーザーを照射したところ育毛が促進されることを発見しました。低周波レーザーが細胞の活性化に繋がることを発見した教授はそれを、人間の難治性潰瘍の治療に応用し、見事に成功を収めたのです。これが、低出力レーザーによる治療の始まりです。なぜ低出力レーザーが細胞を活性化させるのかはっきりとした理由はまだ判明していないが、ミトコンドリアを活性化させている為ではないか、というのが有力視されています。ミトコンドリアにあるシトクロムクロムcオキシターゼという酵素は低出力レーザーの光を吸収する事で活性化し、ATP(アデノ三リン酸)という物質を生成します。細胞に存在する酵素はこのATPを栄養源にして細胞に必要なたんぱく質などを合成します。それによって細胞が活性化されていくのです。

レーザーでの薄毛治療は、「低出力レーザー(LLLT)」と呼ばれるものを使います。頭皮にレーザーを照射するというだけの比較的簡単にできる増毛方法です。

自分の髪を切ったり剃ったりする必要も無く、専用の機器で頭皮にレーザーを数分照射するだけで完了です。低出力レーザーでの治療を行っている医療機関の場合、月に数回、通院治療を続けていくことで効果が得られるといいます。
また、自宅用の機器も入手することは可能です。ヘルメット型やヘアブラシ型など、多くの場合輸入品ですがさまざまなタイプが存在します。通院が難しい方や費用を抑えたい方は自宅用のレーザー機器購入を検討されると良いかもしれません。

日本では・・・・

日本では、施術に於いては低出力レーザーを頭皮に照射する事によって毛穴の殺菌・毛根の細胞分裂活性化に重点をおいた調整が行われており、徐々に広がりを見せ始めていますが、長らく薄毛を医療的観点からアプローチする、ということをしてこなかった為、海外からは遅れをとっているのが現状です。
結果として、育毛サロンでしか施術を受けられないこととなり、高額な事からも認知度や普及率の面で大きく溝を開けられた状態なのです。
それでは、日本では手間と時間をかけて高額な育毛サロンに通うしか道はないのかというと、そうではありません。自宅で、簡単に低出力レーザーによる育毛を行う方法があるのです。
アメリカでは薄毛治療は医学的アプローチで早くから研究が進められいた為、低出力レーザーによる育毛実践者の改善率が非常に高いことを
FDA(アメリカ食品医薬品局=日本の厚生労働省に相当)が発表していて、積極的に重視する傾向になっています。その為、家庭ようの低出力レーザーによる育毛機器が多数開発・販売されています。TVショッピング番組などで、紹介されたりと非常にポピュラーです。

発毛・育毛剤による治療が主とされている日本では、その薬剤による副作用も多かれ少なかれ報告されています。男性においては性欲減退や、肝機能障害と等やはり薬であるだけに、何らかの弊害はあります。
一方低出力レーザーによる育毛に関しては重篤な副作用は今のところ上がっていません。
海外で開発された治療機を入手することも容易となった今の世の中、薄毛に悩む方々、そろそろ真剣に使用を考えて見ても良い時期に入っているのではないでしょうか。


レーザー治療は、こんな人におすすめ!

レーザー治療の目的は主に頭皮の血行促進とされています。しかしながら主流の発毛剤や育毛剤などとは異なる働きかけによるものであるため、他の対処方法の邪魔をしないことも特徴です。
また、今までさまざまな治療法を試してきたけれど、効果が得られなかった方や、今利用している方法に物足りなさを感じていてプラスアルファの効果を求める方は、レーザー治療を検討する価値があるかもしれません。

 

育毛剤などの薬効により副作用が出てしまい、治療を断念してしまった方でも、レーザー治療では別の作用によることから副作用を回避できることが考えられるため、レーザー治療は最先端の薄毛治療法のひとつです。
薄毛の対策として、髪で悩まない生活を送るための助けになる可能性を持っています

以上、今回は、薄毛に対する低出力レーザーについて焦点を当てて見ました
ヘアマックスは、低出力レーザー技術を使用した家庭用レーザー育毛機です。
是非、薬に頼らず、科学の力で薄毛対策を始めてみませんか?

リグロウ MD レーザー 272をかぶると、レーザー光線が頭皮に働きかけ、毛包を刺激して活性化し、髪の成長を促します。柔軟で軽量な素材を使用したライナーに、272個のレーザーダイオードを等間隔に配置した、バイオライト コンフォート デザインが特徴です。ライナーは、ベースボールキャップタイプの帽子の内側に取り付けられています。お好きなベースボールキャップや帽子にも取り付け可能です。

 

リグロウ MD レーザー 272
健康な髪の第一歩がここから始まります
治療効果のある光エネルギーが毛包に働きかけ、髪の成長を促進
直線状に並んだ隙間がレーザー光線をすみずみまで届ける、バイオライト コンフォート デザイン
272個のレーザーダイオードで頭皮全体にレーザーを照射

 

198,800円

 

商品名

レーザー数

使用時間

レーザーバンド82

272

15

バッテリー内臓

本体の重量

価格

有り

320g

198,800円

レザーバンド82は、ヘアマックスの一番選ばれているメイン商品です。その理由は、
・頭にかぶせておくだけで良い 
・90秒で作業を終えることが出来る 
・ムラなくレーザーを当てることが出来る 

などの利点があるからです。
レザーバンド82だと、90秒の使用で終えることが出来るのに対して、他のクシタイプのヘアマックスは8~15分の時間が掛かります。 使用方法は頭皮の手前30秒、頭頂部30秒、後頭部30秒。 また、30秒ごとにビープ音またはバイブが知らせてくれるので、自分で数える必要はありません。 

 

108,900円

 

商品名

レーザー数

使用時間

レーザーバンド82

82

90

バッテリー内臓

本体の重量

価格

有り

428g

108,900円

レザーバンド41は、ヘアマックスの一番選ばれているメイン商品です。その理由は、
・頭にかぶせておくだけで良い 
・3分で作業を終えることが出来る 
・柔軟性、装着が快適なデザイン
・ムラなくレーザーを当てることが出来る 

などの利点があるからです。
レザーバンド41だと、3分の使用で終えることが出来るのに対して、他のクシタイプのヘアマックスは8~15分の時間が掛かります。 使用方法は生え際から後頭部まで30秒ずつ6回スライドさせます。また、30秒ごとにビープ音またはバイブが知らせてくれるので、自分で数える必要はありません。

 

88,800円

 

商品名

レーザー数

使用時間

レーザーバンド41

41

3

バッテリー内臓

本体の重量

価格

有り

243(g)

88,800円

ウルティマ12は、プロフェッショナル12をリニューアル化したもので、プロフェッショナル12よりも少し、軽くなっています。

 

58,800円

 

商品名

レーザー数

使用時間

ウルティマ12

12

8

バッテリー内臓

本体の重量

価格

有り

170g

58,800円

レーザー数が9個で、使用時間が11分です。ヘアマックスの新モデルの中で、一番お手頃価格の商品です。

 

43,800円

 

商品名

レーザー数

使用時間

ウルティマ9クラシック

9

11

バッテリー内臓

本体の重量

価格

有り

170g

43,800円

Back to Top