キャンペーン特別価格残り個数
1個

キャンペーンの残り時間

2019年 08月 12日 HairMaxJapan

★★★★★

10代から始める薄毛対策!

多感な10代の学生にとって薄毛は、死にたくなるくらいの大問題ですよね。
笑いの対象になりやすい問題なので同級生や友達に相談するのも躊躇してしまいます。
今回は、学校の友達やクラスメイトに知られず
若ハゲを改善する情報にスポットを当てていきます。

若い10代が若ハゲになる原因は?

目の酷使
スマホの長時間の利用 、PCの長時間の利用 、ゲームの長時間プレイと言ったように、電子機器の画面を見る事の多い行動をしている高校生は注意です。特にスマホなどは高校生にとっては必需品とも言える物なので、当てはまる人も多いのでは?目を酷使してしまうと、肩や首の血行が悪くなってしまい、胃で吸収された食べ物の栄養が髪の毛にまでしっかりと届かなくなってしまうのです。
また目を修復させる作用のある成分として「L-システイン」というものがあります。そのL-システインは実は髪の毛を作るときにも利用されているのです。目を酷使してしまうとL-システイン不足により、髪の毛の生成がされにくくなって薄毛を招いてしまうことにもつながります。

食生活の乱れ
バランスよく食事を摂ることは髪の毛の成長には欠かせません。髪の毛はタンパク質とアミノ酸によって作られており、さらに頭皮にはビタミンやミネラルといったものも関わっているのです。
それらを食事からしっかりと補給することが大事なので、偏食気味であったり肉料理ばかり食べていたり甘いものばかり食べている人は、栄養不足どころか頭皮の炎症にも繋がってしまいます
学校帰りにフラッと
ファーストフード店に寄る事が多いという人は特に注意!ハンバーガー等に含まれている糖質や脂質を摂りすぎると頭皮に沢山の皮脂、つまり油が発生してしまうので、毛穴が詰まって髪の毛が弱く傷つきやすくなってしまうんです。

整髪料のつけすぎ
高校生は見た目にこだわる時期でもあるので、
ワックスをベッタリと髪の毛につけすぎている方もいるでしょう。その影響で髪の毛にゴミがまとわりつきやすくなってしまい、それが頭皮にまでたどり着いたら頭皮に雑菌が溢れる事になってしまいます。

また、整髪料が直接頭皮についてしまうと、頭皮がベトベトして湿気が留まりやすくなり、炎症のもとになってしまうこともあります。

④遺伝
ハゲは遺伝による影響が大きいとされています。

たとえ父親や母親がハゲていないからと言って、ハゲ遺伝子を持っていないと考えるのは早計。

女性はハゲ遺伝子を持っていても見た目では判別しづらいので、母親がハゲていなくても遺伝している可能性は考えられます。


⑤睡眠不足
睡眠不足も若ハゲにとって天敵と言えます。

学生の時期はオールをしたり、夜遅くまでゲームをやっていたりと、睡眠不足になりがち。

紫外線や強く擦るなどによる頭皮へのダメージを修復しているのは睡眠時です。

そして睡眠不足は頭皮の修復に必要な成長ホルモンの分泌にも悪影響を与えます。

つまり睡眠不足=頭皮の修復不足という問題を引き起こし、頭皮環境が荒れてしまった結果、若ハゲになりやすくなってしまうのです。


⑥朝シャン
意外に思われるかもしれませんが、
朝シャンも若はげの原因として挙げられます。

シャンプーをすることによって紫外線から頭皮の庇護膜と呼ばれる油分まで落としてしまいます。

朝シャン後すぐに登校した場合、庇護膜のない頭皮が紫外線の刺激をダイレクトに受けてしまうので頭皮が荒れてしまうのです。

夜にシャンプーしている場合なら寝ている間に庇護膜が形成されるので問題ありません。


若ハゲの対策

10代の若ハゲ高校生に発毛剤(医薬品)は絶対に避けてください!

プロペシア(フィナステリド)、フィンペシア、ミノキシジル、ミノキシジルタブレット(ミノタブ)、リアップ等の発毛剤がありますが、これらは全部高い発毛効果を持つ反面、とても強力な副作用が起きる可能性があるんです。まだ身体が完全に大人になっていない高校性であれば、なおさら重い副作用が出てしまうことも考えられます。
食生活を見直す
規則正しい生活をする
頭皮マッサージで10代の高校生のうちから薄毛予防する

最後に

頭皮の状態と整え、薄毛対策におススメなのが、

低出力レーザー育毛機ヘアマックスです。
頭皮の地肌力を高め、発毛効果があります。
週に3回頭皮にレーザーを当てることで、身体にあるミトコンドリアという細胞の中の器官を活性化させ、 ATP(アデノシン3リン酸)という細胞の成長に必要不可欠な栄養分を作り出すパワーがあります。
つまり、頭皮に低出力レーザーを照射して大量のATPを作り出し、毛のもととなる細胞(毛母細胞)を活性化させれば、髪の毛が生えてくると言うわけです。

また、「男性型および女性型脱毛症診療
ガイドライン 2017 年版」で初登場の低出力レーザー治療。有用性を示す十分な根拠があることは、当公式サイトでも症例写真や臨床研究のページでエビデンスを開示していますが、日本の学会でも認められました。

Back to Top