2019年 07月 12日 HairMaxJapan

★★★★★

シャンプーブラシの良し悪し

どんな家庭でも、昔から風呂場にチープ感のあるシャンプーブラシがありませんでした?
皆さんは、シャンプーブラシを使っていますか?
最近ではだいぶ種類も増えてきましたね。ドラッグストアなど身近で手に入りますし、価格もそんなに高くないのですが、さぁ買おうと思うとなんだかすごく悩みませんか?

マッサージ効果や洗浄効果を高めるアイテムとして、見逃すことのできないアイテムです。ただし、使い方によっては頭皮に良くない効果をもたらす可能性もあり、シャンプーブラシ自体にも賛否両論あります。
今回は、シャンプーブラシに焦点をあてて、期待できる効果から正しい使い方など見ていきましょう。

シャンプーブラシを使うメリット

1.マッサージ効果がある
シャンプーブラシを用いることで、日常的に頭皮のマッサージを行えます。日頃の疲れやストレスによって、頭皮も凝り固まっている方も少なくありません。
頭皮が固くなってしまっていると髪の毛も栄養補給しにくい状態にあり、発毛や髪質などに悪影響になることもあります。他の皮膚に比べて薄く、マッサージが難しいと言われ部場所ですが、シャンプーブラシを使えば、程良い力加減のマッサージが可能になります。

2.リラクゼーション効果
神経のたくさん通っている頭皮をほぐすことで体感できる
リラクゼーション効果は、シャンプーブラシならではと言えるでしょう。シャンプーブラシは手のひらで作る泡とは違い、もっちりとした泡立ちも再現しやすく、バスタイムの楽しみを増やしてくれるアイテムです。

3.頭皮をキレイに洗うことができる・スッキリする
頭皮を傷つけず、適切な力加減でのシャンプーを可能にしてくれるのも、シャンプーブラシならではと言えます。頭皮をしっかり洗おうと考えてしまうとどうしても力づくになったり、こすりすぎてしまいがちです。シャンプーブラシは、
毛根を洗浄するのに適切な先端の細さをしていますので、軽くこするだけで頭皮をキレイに洗浄できます。

4.ネイルをしている人におすすめ
ネイルをしている女性には特におすすめです。シャンプーをするとどうしても爪同士がぶつかり、ネイルが剥がれる原因にもなりかねません。その点、シャンプーブラシは指先を使わずに済みますので、ネイルを長持ちさせるという意外なメリットも実感できます。

シャンプーブラシを使うデメリット

1.頭皮を傷つける
先がとがっているシャンプーブラシは頭皮を傷つけやすいです。シャンプーブラシを使う際に、力の入れすぎが原因です。

2.皮脂を取りすぎる
頭皮にとって必要な皮脂まで洗い流してしまうのは、シャンプーブラシそのものというよりは、
シャンプーの洗浄力に問題が隠れているケースが多いよう。

3.抜毛の増加
シャンプーブラシなので、過度に力が入りすぎてしまい、洗っている途中に髪を切ってしまったり、抜いてしまうこともあります。

4.シャンプーブラシが清潔でなくなる
シャンプーブラシは毎日使うものであり、湿気の多いところに保管されるものでもありますので、定期的に交換するようにしましょう。意識しなければ、ずっと使い続けられますが、3ヶ月から半年程度が目安になります。溝などにカビが生えてしまうケースもあり、頭皮の洗浄に効果を発揮しなくなることも考えられます。

シャンプーブラシを正しく使うための手順

1.洗髪前にはブラッシングと予洗いで汚れを浮かせ、取り除く
2.シャンプーはまず手にとり、しっかりと泡立てる
3.シャンプーを髪に乗せ、頭皮を揉み込むようにして馴染ませる
4.できるだけ小さな面積で、小刻みにシャンプーブラシを動かす
5.念入りにすすぎをする

最後に

シャンプーブラシは使用することでマッサージ効果や洗浄効果を高められるアイテムです。もちろん普通に使っているだけでも、手で洗うよりもシャンプーの効果を高めてくれるアイテムですが、正しい使い方が実践できていればさらに高い効果を体感できます。シャンプーブラシを初めて使う方はシリコン製を購入し、ある程度の力加減が分かってきた段階で別の素材のアイテムを検討するようにしましょう。頭皮はイメージしているより弱い力で洗ったほうが頭皮環境や髪質に良い影響を与えてくれます。
そして頭皮環境を整えるために、さらにおススメしたいのが、低出力レーザー育毛機ヘアマックスです。
頭皮の地肌力を高め、発毛効果があります。
週に3回頭皮にレーザーを当てることで、身体にあるミトコンドリアという細胞の中の器官を活性化させ、 ATP(アデノシン3リン酸)という細胞の成長に必要不可欠な栄養分を作り出すパワーがあります。
つまり、頭皮に低出力レーザーを照射して大量のATPを作り出し、毛のもととなる細胞(毛母細胞)を活性化させれば、髪の毛が生えてくると言うわけです。

また、「男性型および女性型脱毛症診療
ガイドライン 2017 年版」で初登場の低出力レーザー治療。有用性を示す十分な根拠があることは、当公式サイトでも症例写真や臨床研究のページでエビデンスを開示していますが、日本の学会でも認められました

リグロウ MD レーザー 272をかぶると、レーザー光線が頭皮に働きかけ、毛包を刺激して活性化し、髪の成長を促します。柔軟で軽量な素材を使用したライナーに、272個のレーザーダイオードを等間隔に配置した、バイオライト コンフォート デザインが特徴です。ライナーは、ベースボールキャップタイプの帽子の内側に取り付けられています。お好きなベースボールキャップや帽子にも取り付け可能です。

 

リグロウ MD レーザー 272
健康な髪の第一歩がここから始まります
治療効果のある光エネルギーが毛包に働きかけ、髪の成長を促進
直線状に並んだ隙間がレーザー光線をすみずみまで届ける、バイオライト コンフォート デザイン
272個のレーザーダイオードで頭皮全体にレーザーを照射

 

198,800円

 

商品名

レーザー数

使用時間

レーザーバンド82

272

15

バッテリー内臓

本体の重量

価格

有り

320g

198,800円

レザーバンド82は、ヘアマックスの一番選ばれているメイン商品です。その理由は、
・頭にかぶせておくだけで良い 
・90秒で作業を終えることが出来る 
・ムラなくレーザーを当てることが出来る 

などの利点があるからです。
レザーバンド82だと、90秒の使用で終えることが出来るのに対して、他のクシタイプのヘアマックスは8~15分の時間が掛かります。 使用方法は頭皮の手前30秒、頭頂部30秒、後頭部30秒。 また、30秒ごとにビープ音またはバイブが知らせてくれるので、自分で数える必要はありません。 

 

108,900円

 

商品名

レーザー数

使用時間

レーザーバンド82

82

90

バッテリー内臓

本体の重量

価格

有り

428g

108,900円

レザーバンド41は、ヘアマックスの一番選ばれているメイン商品です。その理由は、
・頭にかぶせておくだけで良い 
・3分で作業を終えることが出来る 
・柔軟性、装着が快適なデザイン
・ムラなくレーザーを当てることが出来る 

などの利点があるからです。
レザーバンド41だと、3分の使用で終えることが出来るのに対して、他のクシタイプのヘアマックスは8~15分の時間が掛かります。 使用方法は生え際から後頭部まで30秒ずつ6回スライドさせます。また、30秒ごとにビープ音またはバイブが知らせてくれるので、自分で数える必要はありません。

 

88,800円

 

商品名

レーザー数

使用時間

レーザーバンド41

41

3

バッテリー内臓

本体の重量

価格

有り

243(g)

88,800円

ウルティマ12は、プロフェッショナル12をリニューアル化したもので、プロフェッショナル12よりも少し、軽くなっています。

 

58,800円

 

商品名

レーザー数

使用時間

ウルティマ12

12

8

バッテリー内臓

本体の重量

価格

有り

170g

58,800円

レーザー数が9個で、使用時間が11分です。ヘアマックスの新モデルの中で、一番お手頃価格の商品です。

 

43,800円

 

商品名

レーザー数

使用時間

ウルティマ9クラシック

9

11

バッテリー内臓

本体の重量

価格

有り

170g

43,800円

Back to Top