2019年 05月 27日 HairMaxJapan

★★★★

薄毛と虫歯の意外な関係

虫歯の治療に使われる金属のせいで薄毛になることがあるらしい、虫歯と薄毛、一見まったく無関係のように思ってしまいますが、歯の状態と頭皮には実は関係があります。
薄毛の原因のひとつに銀歯があることが最近の研究で解明されてきました!
薄毛に虫歯が絡んでるなんて、そんなこと知らなかった!という方、今回この虫歯と薄毛の関係について、見ていきましょう。

虫歯の治療をちゃんとしていますか?

薄毛や抜け毛を気にする前に、まずは虫歯が放置された状態でないかどうかを確認してみてください。
なぜなら、意外にも虫歯は薄毛につながるかもしれない恐ろしい病気なのです。
その因果関係が解明されつつありますが、虫歯は頭皮にいい影響を与えるものではありません。

では、さっそく虫歯と薄毛の因果関係をみていきましょう。

①歯の痛みや噛めないストレスによる血行不良

虫歯が進行すると痛みが生じるようになります。
虫歯の状態によっては物を噛む時だけではなく、何もしていない時でも痛みを感じるようになるため、次第にストレスを感じるように。
そのような強いストレスは、筋肉を緊張させて
血行不良の原因となってしまいます。
さらに血行不良の状態が続くと、体の末端部分にある頭皮の血行も悪くなる恐れが……。
すると、健康な髪を維持するために必要な栄養が頭皮に届きにくくなるため、薄毛を引き起こしてしまうのです。

②咬筋(こうきん)が使われないことによる血行不良

咀嚼筋は、食べ物を咀嚼する際に活発に働く筋肉です。
咀嚼筋は「咬筋」「側頭筋」「内側翼突筋(ないそくよくとつきん)」「外側翼突筋(がいそくよくとつきん)」の4種類であり、これらの筋肉がうまく働くことによって、食べ物を噛み砕き消化しやすくします。
咀嚼筋のうちのひとつ咬筋は、下顎を閉じる働きを担っており奥歯付近にあります。
虫歯があると、食べ物を噛む時に痛みが生じるようになりますよね。
すると、しっかりと噛むことを避けるようになるため咬筋を活発に動かすことが少なくなります。
その結果、咬筋に関連しているほかの筋肉の動きも活発ではなくなるため、血行不良となり頭皮の血行が悪くなってしまうのです。
このような経緯により薄毛が引き起こされてしまいます。

③顎の骨格の歪みで筋肉が圧迫されることによる血行不良

虫歯による痛みがあると、虫歯がないほうの歯を使う習慣が身についてしまう場合があります。
長期間、虫歯がない方の歯ばかりを使って食べ物を噛んでいると、顎の骨格に歪みが生じてしまうように……。
すると、骨格の歪みによってその周辺の筋肉が圧迫されて、血行不良になることがあります。
その結果、必要な栄養が頭皮の隅々にまで行き渡らなってしまい薄毛を引き起こしてしまうのです。
虫歯と薄毛は全く関連性がないように見えますが、実は密接な繋がりがあります。
できるだけ早めに虫歯の治療をして、健康な髪を維持するための対策をとるようにしてください。

銀歯が原因で脱毛症になる!?


今ではセラミックのものが主流ですよね。歯の色そっくりに精巧につくられているから、本物そっくりで見た目も良いです。歯形を取って、ぴったりと虫歯を削ったあとにはめるから、銀歯のように隙間に食べ物がはさまって、また虫歯になることもありません。セラミックのほうが、以前に使用されてた金属の詰め物よりも断然メリットは大きいでしょう。 

だから現在では銀歯なんてほとんど見かけませんが、今から30年、40年前にはよく使われてた金属性の詰め物。この中に含まれるニッケルからまず金属イオンが体内に浸透。金属イオンにはタンパク質と結びつくという特徴があって、薄毛に関係あるところで言うと、毛根のタンパク質「ケラチン」と結合してしまう。これは金属イオンの量が微量で、アレルギーを発症していない分には問題ありません。 

だけど、いったん許容量を越えてしまうと、今度は体の免疫細胞がこのケラチンと金属イオンの結合体を攻撃し始めます。攻撃というのはつまり、毛根のケラチンを破壊してしまうことなのです。これにより発毛機能が損なわれてしまい、脱毛症が生じる、というのが、金属アレルギーによる薄毛のサイクルなのです!

最後に

なかなか虫歯=薄毛と考えるのは難しいかもしれませんが、少なからず間接的には薄毛へと繋がっていく恐れがあるのです。
是非とも歯のメンテナンスも行ってくださいね。

それと同時に、薄毛対策も同時進行していきましょう。
低出力レーザー育毛機ヘアマックスは、この頭皮の地肌力を高め、発毛効果があります。
週に3回頭皮にレーザーを当てることで、身体にあるミトコンドリアという細胞の中の器官を活性化させ、 ATP(アデノシン3リン酸)という細胞の成長に必要不可欠な栄養分を作り出すパワーがあります。
つまり、頭皮に低出力レーザーを照射して大量のATPを作り出し、毛のもととなる細胞(毛母細胞)を活性化させれば、髪の毛が生えてくると言うわけです。
是非、ヘアマックスを普段の生活に導入して、頭皮の地肌力を高め、薄毛対策をしませんか?

Back to Top