2019年 03月 18日 HairMaxJapan

★★★★★

足つぼで発毛に良いツボはあるのか?!

足つぼマッサージ、リフレクソロジーをしたことがありますか?
すご~~~く気持ちいですよね。
足は『第2の心臓』と呼ばれています。
心臓は血液を全身に運びますが、足は血液を心臓に送り返す役割があります。
この足裏には、身体の各器官に通ずるツボがたくさん分布しているのです。
つまり、全ての器官を網羅するツボが集まっています。このツボを刺激することで、対応する器官の働きを高めていきます。また、足に溜まった老廃物を揉みほぐし、身体全体の血液の流れを円滑にもします。

確かに2足歩行の人間の足裏には、毎日数十キロの体重がかかり活動しています。
それゆえ、この足ツボマッサージの歴史は古く、エジプトの紀元前2330年頃の古墳壁画にも描かれていますし、また中国最古の医学書「黄帝内経」(前漢時代・紀元前206~208年)にも、足裏の状態から病気を診断し治療する記述があるのです。

そこで、ふと、
発毛や育毛に良い足つぼはあるのかと疑問に思いました。
今回は、髪の毛に良い足つぼを見ていきましょう。

足裏に存在する育毛効果のあるツボ


育毛効果があることで有名なツボの1つに湧泉があります。
湧泉のツボは足の裏に位置するため、いわゆる足つぼマッサージで刺激するツボの1つです。


湧泉のツボは身体の血行を良くする効果があります。頭皮は身体の末端に位置するために血行不良となると、十分な血液と栄養が行きわたらずに抜毛の原因となります。
そのため血行を促進して頭皮にも十分な栄養が届くようにすれば一定の育毛効果が得られると考えられます。
湧泉のツボは足裏の中央から少し足先の方へ向かい、足の人差し指と中指の骨の付け根辺りにあります。
少し見つけづらいかもしれませんが、足の指を折り曲げると窪みができるため、そこが湧泉のツボです。
血行不良気味の人は湧泉ツボを押して刺激すると、それなりに鈍い痛みのような感覚があるはずです。
血行が良くなると、内臓機能も高まりますが、それが蓄積された老廃物の毒出しにも働くので、‘‘湧泉‘‘ だけは
髪の健康のツボ押しに絶対欠かせない部分だといえるのです。

発毛をサポートするツボ押しのポイント・注意点

ツボを正しく刺激することで、
抜け毛予防や発毛促進効果が期待できるかもしれません。
より効果的な抜け毛予防効果、発毛促進効果を得るために、ツボの場所だけでなく、正しいツボの押し方についても知っておきましょう。

発毛をサポートするツボ押しのポイント①:ツボを押す角度は垂直に

ツボを押すときは、押す角度に注意しましょう。
正しいツボの位置を指で刺激できていても、中心からずれるような押し方では十分な効果が期待できません。
ツボを押すときは、ツボの中心をずらさず、指の腹を使って垂直に刺激しましょう。

発毛をサポートするツボ押しのポイント②:ツボを押すときは力を入れすぎない
ツボを押すとき、指に無理な力を入れないようにしましょう。
指の腹を使って徐々に力を入れながら、痛みが感じない程度の強さでツボを刺激します。
長時間同じツボを刺激し続けたり、力を入れすぎると、筋肉などの組織が傷むおそれがあるので注意が必要です。

発毛をサポートするツボ押しのポイント③:ツボを押すときはリラックスした状態で
スマホを見ながら・本を読みながらなど、何かをしながらのツボ押し」はおすすめできません。

ツボを押すときは、リラックスした状態でツボ押しに集中することが大切。
入浴や深呼吸によって身体をリラックスさせ、ツボ押しに集中できる環境を作るといいでしょう。

発毛をサポートするツボ押しのポイント④:湧泉のツボは風呂上りがおススメ
足つぼマッサージの効果を高めるには、風呂上がりがいちばん。
最初は1回30秒ほどを3セット繰り返すだけでいいというから、ハードルは低いはずです。
イタ気持ちいい程度の強さで行うことと、継続することが大事です。

最後に

東洋医学において、発毛によいとされているツボを紹介しました。
しかし、発毛のサポートをしてくれるのはツボ押しだけではありません。
発毛のサポートで大切なのは、頭皮環境を整えること。

低出力レーザー育毛機ヘアマックスは、この頭皮の地肌力を高め、発毛効果があります。
週に3回頭皮にレーザーを当てることで、身体にあるミトコンドリアという細胞の中の器官を活性化させ、 ATP(アデノシン3リン酸)という細胞の成長に必要不可欠な栄養分を作り出すパワーがあります。
つまり、頭皮に低出力レーザーを照射して大量のATPを作り出し、毛のもととなる細胞(毛母細胞)を活性化させれば、髪の毛が生えてくると言うわけです。
是非、
ヘアマックスを普段の生活に導入して、頭皮の地肌力を高め、薄毛対策をしませんか?

Back to Top