2018年 09月 16日 HairMaxJapan

★★★★★

AGAの遺伝子検査で将来の薄毛の可能性を知る!

将来のために自分の薄毛の可能性を調べてみたいと思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。最先端の技術を駆使した遺伝子検査で、DNAから最適なアドバイスがされます。
予防医学と遺伝学による、時代を一歩先行くパーソナルな健康管理をし、AGA(男性型脱毛症)の発症リスク予測による予防、早期治療に役立てることができます。
薄毛対策は早めなほど良いので、ハゲが心配な人はぜひ受けてみましょう。


AGAかを確認できる~

AGAであれば治療法が確立されていますので、治療法に則り、治療を進めていけばよいのです。医学的根拠もありますので、時間に比例して薄毛や抜け毛の問題は解決出来ますが、それらはあくまでも「AGAなら」という大前提あってこそです。
AGA治療はすべての抜け毛や薄毛に効果があるのではなく、あくまでもAGAにのみ効果があるのです。AGAという言葉の認知度が高まるにつれ、AGAそのものを勘違いしている人も増えているのです。そのため、抜け毛や薄毛で悩んだら「AGA治療を」と考える人も多いのですが、抜け毛や薄毛=AGAではありません。
ではAGAをどのように判断するのかといえば、「確実な方法」としては遺伝子検査が挙げられます。


~遺伝子検査とは~

遺伝子検査と聞くと、なにやら立派な病院とか施設に行き、非常に手間をかけて行うように思っていましたが、そんな事は行ないません。遺伝子検査をするのに必要なのは唾液あるいは毛髪です。
唾液の場合は綿棒でクチの中の粘膜、通常頬の裏側のようですが、そこを綿棒でこするだけ、髪の毛の場合は抜けた髪の毛で検査が出来るのです。

普通の遺伝子キットは、ハゲの遺伝子があるかどうかに特化されている訳ではなく、いろんな情報、例えば体質であるとか体格であるとか、ガンになりのかとか、祖先がどうなのかとか、様々な情報が遺伝子から分かる様に出来ています。もしハゲに特化した遺伝子を検査したいのであれば、「AGA遺伝子検査」がお勧めです。これには自分で出来る遺伝子検査キットも存在しています。

いずれにしても、遺伝子検査は思っていた程難しい事はありませんので、もし気になるのであれば、「AGA遺伝子検査」といキーワードをインターネットで検索してみると、専門医療機関やクリニック、自分でできる遺伝子検査キットも出てくるでしょう。

~気になる検査費用~

遺伝子検査の費用はいったいどれくらいするのでしょうか。
費用は専門の医療機関で行なう場合と自分で検査キットを取り寄せて行なう場合とでは費用が変わってきます。比較的に遺伝子キットを取り寄せて行う方が安価に検査が出来るようです。
専門の医療機関で行う場合、最低でも2万円はかかるようですが、検査キットの場合1万~2万円の間で検査を行なう事が出来るようです。

ハゲ遺伝子の有無を検査する場合は「AGA遺伝子検査」という検査がありますので、この遺伝子検査を受けると良いでしょう。他の項目、例えば「太りやすいのか?」とか「ガンにかかりやすいのか?」など身体の他の部分の状態も知りたい場合は「AGA」を除いた「遺伝子検査」を行なえば良いと思いますが、この場合医療機関で行なうとかなり高額になる場合(10万円以上!!)がありますのでご注意ください。

また、健康保険が適用される場合とされない場合によっても検査費用が変わってきます。基本的にAGA遺伝子検査は残念ながら健康保険が適用されない検査になりますが、検査を受けるだけであれば3万円以内で収まる範囲です。その後のアフターケアを受けるとなるとそれなりに金額はかかってきます。

~遺伝子検査を受けるのは1回で十分です~

遺伝子情報は生まれた時から一生変化しませんので、一度調べるだけでいいのが特徴。
人の遺伝子は生まれながらにして両親より受け継いだ個々のDNAの情報を有しています。これらの情報は生涯変わることはありませんので、検査する年齢に関わらず一生に一回受けるだけでよい検査です。

 

AGAの遺伝子検査を受けるメリット~

AGA遺伝子検査を受けるメリットはどんなことでしょうか。
1.薄毛の原因治療薬への感受性を確認できるため、適切な治療法がわかる
2.AGAの発症リスクが事前にわかるため、いち早く対策が打てる

最近抜け毛が気になる人、ハゲの家系の人、効果的にハゲ対策を行いたい人など薄毛の悩みをお持ちの方は手遅れになる前に。AGA遺伝子検査を受ける価値はあるでしょう。

~最後に~
AGAの遺伝子検査のトピックでしたが、いかがでしたか?
AGAの遺伝子検査で抜け毛のリスクを自覚し、早い段階からケア・予防に努めるのは賢い選択かもしれませんね。
2017年版男性型および女性型脱毛症診療ガイドラインで初登場の低出力レーザー治療。
有用性を示す十分な根拠があることは、当公式サイトでも症例写真や臨床研究のページでエビデンスを開示していますが、日本の学会でも認められました。
日本のメーカーはレーザー育毛機の開発に遅れているため、米国のFDAでも承認されているレーザー育毛医療器「ヘアマックス」は、男性にも女性にも自宅ケアとして取り入れていただきたいです。
AGA対策として、週に3回、育毛ケアをしませんか?

 

Back to Top