2018年 07月 31日 HairMaxJapan

★★★★★

HairMaxの使用は、自分に相応しいのか?

HairMaxの家庭用レーザー育毛機は、アンドロゲン性脱毛症としても知られる遺伝的脱毛によって起こる薄毛または脱毛症の男性および女性が使用することができます。ルードウィッグサビンの分類(女性)と ハミルトン・ノーウッド分類(男性)を使用して脱毛の程度を表します。

男女で脱毛進行レベルの分類が異なるハミルトン・ノーウッド分類とルードヴィヒ分類

脱毛症は男性ばかりでなく女性にも起こる症状であり、近年でこの抜け毛で悩む男女の数も多くなっており深刻な問題となっていますが、脱毛の進行具合は男性と女性では異なっており、その脱毛進行レベルを男性は「ハミルトン・ノーウッド分類」、女性は「ルードヴィヒ分類」として分けています。

AGAは男性型脱毛症のことで、男性ホルモンの影響で脱毛することが分かっていますが、ではこの2つの進行レベルには、それぞれどのような特徴があるのでしょうか?

AGAの症状をより詳細に把握するには、ハミルトン・ノーウッド分類を調べることで分かるとも言われていますが、このハミルトン・ノーウッド分類を利用することで自身の現在のAGAの症状がその程度進行しているのかを判断することが可能で、AGAの症状は大きく分けると、前頭部の生え際部分が徐々に後退していくM型タイプと、頭頂部から徐々に髪が抜けていくO型タイプがあり、これらの進行レベルによって、自分がどちらのタイプであるかを明確にして最適な治療を行っていくことがポイントとなります。
M型タイプもO型タイプも症状が進行するタイプですが、それぞれのタイプで進行していく場合と、人によってはM型とO型が同時に進行する場合もありますが、日本人に多いタイプは頭頂部を中心に脱毛していくO型タイプで、ハミルトン・ノーウッド分類では「VertexⅡ型」というタイプに該当します。
アメリカの皮膚科医であるハミルトン医師がAGAの症状をひな形に分類し、さらにノーウッドという方が改良を加えて完成したハミルトン・ノーウッド分類は2人の名前の頭文字をとって「N-H分類」とも呼ばれていますが、このN-H分類は第一段階~第三段階に分類され、さらに第一段階は分類レベルⅠ型~Ⅶ型まで詳細に分かれています。


また女性の脱毛は男性とは異なり、ホルモンバランスの異常の他にストレスや病気による薬剤の副作用などであるため、男性とも治療方法を異なる場合があるため、ルードヴィヒ分類で自分のレベルを知ることでより効果的な治療を行うことができます。

                ルードヴィヒ分類(女性)                                                                  ハミルトン・ノーウッド分類(男性)

上記の写真は、臨床試験で研究された薄毛の進行段階を表す図です。 水色の部分はHairMaxを使用して効果的に治療できる脱毛のタイプを示しています。
女性は通常、 全体にわたって徐々に髪が薄くなります。

ルードヴィヒ分類(女性)

正面から頭頂部かけて全体が薄くなった状態を言います。
男性型脱毛症とは違い完全に抜け落ちるのではないのが特徴。


脱毛症の範囲が型に比べて拡大した状態のことを指します。


男性型脱毛症とよく似た状態で
正面から脱毛の範囲が後退した状態を指します。


瘢痕性(はんこんせい脱毛症)のこと。
瘢痕性脱毛症とは、毛包が破壊されて毛が生えてこなくなる状態のことを言います。
他でご紹介した毛母細胞の幹細胞(主となるもの)が
なくなってしまうとこの症状になってしまいます。


薬剤によるものやホルモンバランスの異常が原因で
脱毛症になった状態のことを言います。

ハミルトン・ノーウッド分類(男性)


ごく初期の症状で、髪の毛の生え際が少しM字状に後退し始めている状態。通常は気付かない人の方が多い軽度なレベル。この時点で対策をとると、進行を止められる確率が高い。


型が進行して剃り込み部分がより後退している状態で、多くの人が気付くレベル。治療をすればやはり改善しやすい。

Vertex型
型が進行して剃り込み部分がより後退している状態で、頭頂部がO型に薄くなっている状態。治療をすればやはり改善しやすい。


型がさらに進行し、前頭部がしっかりとM字状態に。髪全体のボリュームが少なくなっている。

Vertex型
型と同時に頭頂部がO型に薄くなっている状態。


型からさらに前頭部の後退が進行、同時に頭頂部がO型に薄くなってきた状態。


型がさらに進んだ状態。前頭部の後退がいちだんと増し、すでにM字ではないほど薄毛になっている。前頭部と頭頂部の脱毛部分がつながりそうな段階。

Ⅵ型
型からより薄毛が広がり、頭頂部の後退が後頭部にまで達している状態。

最後に

FDAでも、日本皮膚科学会による男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン(2017年版)でも推奨されている低出力レーザー治療。他の薬剤と比較して、副作用もなく、安全にAGA治療ができます。
HairMaxを使用して効果的に治療できる脱毛のタイプの方々は、育毛医療器レーザー機「ヘアマックス」を、男性にも女性にも自宅ケアとして是非取り入れていただきたいです。

 

 

 

Back to Top