2018年 01月 15日 Hairmaxjapan

★★★★★

飲む発毛剤の危険なリスクや副作用 vol.①

薄毛の悩みを解消するために、内服する発毛剤、いわゆる飲む発毛剤を取り入れるのは、
非常に簡単で努力も要らないですよね。
副作用のないレーザー育毛機ヘアマックスを週3回照射するよりも根気が要らないのかもしれません。
しかし、継続は簡単ですが、リスクも高く非常に危険性があることをご存知ですか?

~飲む発毛剤の2つの種類~

薄毛を改善するために、内服するものは2つのタイプがあります。

*治療薬(医薬品)
*育毛サプリ(健康食品)

そこで今回焦点を当てるのは、治療薬にあたる医薬品です。
飲むタイプのものは、非常に効果が高い反面、副作用がでる可能性も高いのです。

~発毛剤である治療薬(医薬品)~

薄毛の治療ができる飲む薬として、皆さんに知られているのは、
「プロペシア」(フィナステリド)
「ザ・ガーロ」
「ミノキシジル」
ですね。皆さん一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
では、それぞれの副作用を見ていきましょう。

~プロペシア(フィナステリド)の主な副作用~
プロペシア(フィナステリド)は効果がある反面、男性ホルモンに影響を与えるため、男性の機能に関連する部位に副作用をもたらします。

プロペンシアの副作用の発症数は長期の臨床試験において、276例中11例(4.0%)14件の副作用が認められました。

およそ25人に1人が副作用を発症していることがわかります。
●性機能不全
フィナステリドと性機能不全との詳しい関係はわかっていませんが、性欲減退や勃起不全などの症状を訴える人が一定数います。
フィナステリドは男性ホルモン(テストステロン)に関係するジヒドロテストステロンの生成を抑制するため、間接的に男性としての機能に影響を与えている可能性はあります。
また、使用をやめてからも性機能不全が完治しないケースもあります。

●肝機能障害
薬は肝臓で分解されます。
よって、毎日服用しなければならないAGA治療薬はその分、肝機能不全のリスクが上がってしまいます。
健康な状態であっても、肝機能に異常が出る場合もありますし、もともと肝臓に異常がある場合はさらに注意する必要があります。
薬剤を使う以上、肝機能不全に関しては仕方ないでしょう。
●精神障害
フィナステリドと精神障害の関係については詳しいことは証明されていません。
しかし、フィナステリドは男性ホルモン(テストステロン)が、より強力なジヒドロテストステロンに変化することを抑制します。ホルモンバランスにも影響するため、何らかの影響を与えている可能性はあります。
最近になって、フィナステリドを長期間服用した患者はテストステロン値が下がったというデータがあり、テストステロンの低下により、男性の勢力的な性質を抑えられたことが鬱に関わっているのではないかとも考えられます。

●睾丸・精巣の痛み(かゆみ)
睾丸や精巣にかゆみや痛みを感じる場合があります。
これもフィナステリドがジヒドロテストステロンの生成を阻害し、男性ホルモンや性器に何らかの影響を与えている可能性があると考えられています。

●乳房障害
フィナステリドはジヒドロテストステロンの生成を阻害するため、ホルモンバランスが乱れ乳房障害が起きることもあります。
乳首に痛みが生じたり、女性化乳房が起きたりと症状は様々です。女性化乳房とは、男性の乳房に膨らみが生じ、女性のような胸ができる症状です。

~ザ・ガーロの主な副作用~
ザ・ガーロは、プロペシアよりも脱毛防止効果が高いとされていますが、その分副作用も強く出てしまうことが懸念されています。
●勃起不全
いわゆるEDのこと。
性欲があって興奮していても勃起しなかったり、長続きしない状態のことを指します。
ザガーロの成分デュタステリドは男性ホルモンの生成を阻害する作用があるため、それが影響することで男性機能の低下を促してしまう、と考えられています。
●射精障害
射精障害には複数の種類があるのですが、中でも
▶︎無射精症
▶︎遅漏
が関係してきそうです。
無射精症とはオーガズム(絶頂感)を感じることもなく、また、射精液もない状態のことを指します。
射精には交感神経が大きく作用しており、ザ・ガーロの副作用によって交感神経の活性が抑えられてしまうことが一因とみられます。
●乳房肥大
乳腺が一時的に肥大し、乳頭部(乳首)にしこりができる症状のこと。
女性ホルモンは肝臓で分解されるのですが、同じくザ・ガーロなどのAGA治療薬も肝臓分解されます。
そのため、薬を服用することで肝臓に負荷がかかり、女性ホルモンの分解が遅れることで体内の女性ホルモン割合が高くなることが原因とされています。
●性機能不全
上に挙げた勃起不全や遅漏も含め、性に関する障害が単発・複合的に起きることで、性交がうまくできないこと全般を指しています。
その状況によっては精神的なダメージを負うことになったり、不妊の原因にもなり得ます。
●精神障害
ここでいう精神障害とは、鬱っぽい症状のことを指す場合が多いようです。
男性ホルモンには、男性機能を保つ他にも、気力や活力を維持するために必要なものです。
その中でも、AGAの原因となるジヒドロテストロンと呼ばれる男性ホルモンは、強力な作用をもちます。
ザ・ガーロはこのジヒドロテストロンの生成を阻害してしまうため、時としてやる気・気力の低下を引き起こしてしまう、と考えられるのです。
●リビドー減退
リビドーとは性欲のことを指します。つまり、リビドー減退とは性欲が湧きづらい状況である、ということです。
ザガーロの成分デュタステリドは、強力に働く男性ホルモン、ジヒドロテストロンの生成を阻害してしまうためにこのような副作用が発生するとみられています。
●胃腸障害・消化不良
腹痛や便秘・下痢、食欲減退などのこと。
ザガーロを服用したからそうなった、というより、薬全般に言える副作用だと言えます。
●血液・リンパ系障害
副作用の報告が記載されているインタビューフォームでは、この血液・リンパ系の副作用が何を指しているのか読み取ることができなかったのですが、副作用の情報や口コミから判断するに、むくみなどの症状だと思われます。

さて、飲むミノキシジル(タブレット)に関する副作用は次回に説明していきましょう。

~最後に~

薬を飲むことは簡単ですが副作用があり体に負担をかけますので、薄毛対策にお勧めなのが、私達が紹介している「ヘアマックス」。
ヘアマックスは1度の購入で、自宅でお手軽に使用できるレーザー育毛器具です。
しっかりとした成果も出ている商品なので、副作用の心配も不要です。
他の治療法と併用できますので、是非、薄毛対策にヘアマックスを取り入れることをお勧めします

 

Back to Top