2017年 12月 28日 Hairmaxjapan

★★★★

AGA治療薬ミノキシジルってどうなの?

ドラッグストアで購入できるミノキシジルってどうなの?

薄毛対策、AGA対策をするために何が良いのか調べると、レーザー育毛以外に、
ミノキシジル」の育毛剤やタブレットのおススメをよく見ることがあるかもしれません。
なぜならば医学的にも「発毛」出来る成分として認められているからです。
ちろん育毛にも非常に効果があります!しかし同時に副作用の声もたくさん聞きます。
そこで、ミノキシジルを詳しく調べてみましょう。

~ミノキシジルって何?~

ミノキシジル(Minoxidil)とは血管拡張薬、つまり高血圧の経口薬として開発された成分で、後に髪を育成し脱毛症を回復させる効果、つまり発毛効果があるとされ発毛剤に転用され、日本以外ではRogaine(ロゲイン)®の商品名で販売されています。日本では一般用医薬品として大正製薬からリアップ®シリーズが市販されており、ミノキシジルは、テレビCMでも有名な「リアップ」の主成分として使われ、誰でも気軽にドラッグストアで購入する事が出来ます。また、有名な女性用の育毛剤であるリアップリジェンヌも主成分は、リアップと同じくミノキシジルです。

~ミノキシジルの効果~

血管を拡張し血流を増進させることで、髪の毛の細胞分裂を促進して髪の成長を速めます。とにかく血流をアップさせることで、血行がよくなり、頭皮に栄養が行き渡りやすく、髪の毛母細胞の分裂スピードを上昇させます。生えるまでに至らない毛根や、弱っていた髪の毛を太く、長く成長させることができます。 壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防効果が期待できます。これは、髪の毛が成長しやすい環境を作ることを意味します。
また発毛効果は、ミノキシジルが分泌させる、「アデノシン」に関係しています。
アデノシンには、血管を修復したり、毛を作る細胞を増殖させたりする、タンパク質の生成を促す役割があります。
血管が修復され、毛を作る細胞が増殖することで、発毛が促進されるんですね。
そして、この2つの働きは、外用薬よりも、体内に直接摂取する内服薬のほうが強くでると言われています。

~ミノキシジルはどこで買えるの?~

ミノキシジルは、頭皮に塗布するタイプ、内服するタイプがあります。
外用剤にあたる塗布型のミノキシジルは、ドラッグストアで誰でも簡単に購入する事が出来ます。
テレビCMでもご覧になられたことも多いと思いますが「リアップx5」が塗布型ミノキシジルです。
「リアップ」が日本で手に入る唯一のミノキシジル含有のAGA治療薬です。

一般的に内服は、より効果を求める場合のステップアップとして用いられています。
個人輸入などにより、外国から経口薬のミノキシジル(ミノキシジルタブレット、いわゆる、ミノタブ)も入手することが出来ます。ロゲイン、カークランド、ミノキシジルタブレット、ロテニンなどという名前で、塗布型、経口薬ともに入手することが出来ます。

~ミノキシジルの副作用~

脱毛に対抗する薬なので、最も一般的な副作用は頭皮の痒みです。
ミノキシジルやロゲインなどの外用薬に含まれる基剤成分・プロピレングリコールに対するアレルギー反応がしばしば見られます。
多量のミノキシジルは低血圧の原因となる可能性があります。
日焼けした頭皮に使用する場合に見られがちでありますが、ワセリンやトレチノインと併用すると薬剤の過剰な吸収が起こりえることが知られています。

ミノキシジルの使用中は脱毛を止めることができますが、使用をやめると再び起こり始めます。
また、成分が母乳中に移行するため、リアップシリーズでは授乳する乳児がいる場合での使用は禁忌です。
ちなみに、家庭用レーザー育毛機HAIRMAXは副作用もなく、
AGA薬の飲めない女性にも安心してご使用いただける薄毛対策です。

あまり一般的ではありませんが、他の副作用には以下のようなものがあります。

  • 薬液の使用箇所におけるニキビの発生
  • 頭痛、意識朦朧
  • 多毛症
  • 性的不能
  • 重い低血圧
  • 不整脈、動悸
  • 皮膚の紅潮
  • 霞み目
  • 手、足、顔のしびれや痛み
  • 性欲減退
  • 胸の痛み
  • 急速な体重増加
  • 下肢、手、足、顔のむくみ

ニキビを除き、上記の症状は薬剤の使いすぎの目安になるとされていますが、そうでなくても発症する可能性は有るので発症した場合は即ちに医師の診断を受けるようにしましょう。


~どれくらいで効果が出るの?~

ミノキシジルはと言いますと、最低3~4ヶ月は見込んだ方が良いと言われています。すぐに効果が無いと判断して、継続を中止してしまわないことが肝心です。

~ミノキシジルの使用、服用をやめたらどうなるの?~

「やめたらどうなるの?」というご質問がある方も多いかと思います。
どんなAGA治療薬も同様ですが、やめれば元の状態に戻ります。例えば、10年間AGA治療薬で髪の毛を維持できていたとしても、薬をやめるとその効果がなくなりますので、10年後の状態に戻ります。つまり30歳で治療を始め、40歳で治療を中止した場合、治療を開始する前の30歳の時点の髪の量に戻るわけではなく、40歳の時点の髪の量に戻ることになります。AGAの治療薬は、毛根の加齢を止めることはできませんので、薬で抑えている間にもAGAの症状は進んでいるということへの理解が必要です。


AGA治療薬ミノキシジルを詳しく理解できたかと思います。
効果が期待できる反面副作用も心配ですね。
そこでお勧めなのが、私達が紹介している「ヘアマックス」。
ヘアマックスは1度の購入で、自宅でお手軽に使用できるレーザー育毛器具です。
しっかりとした成果も出ている商品なので、副作用の心配も不要です。
育毛剤や治療薬と併用できますので、是非、薄毛対策にヘアマックスを取り入れることをお勧めします。

Back to Top